Visual StudioによるTODO管理

Visual Studio によるTO-DO管理の方法についてです。
コーディングに関するTO-DOもたまに別のツールを使ってしまうことがあります。
が、Visual StudioにもTO-DO管理ができる機能があったので、メモります。
「タスク一覧」という機能名のようです。
まずはタスク一覧を開きます。
Ctr+\, t もしくは、「表示」-「タスク一覧」より。

タスク一覧

コード上に

[sourcecode language=”csharp”]
//TODO hogehoge
public void xxxxYYYY(){
}
[/sourcecode]

と書くと、タスク一覧(「コメント」)に勝手に登録されます。TODOというラベルで紐付けられている模様。
コードに関連しない場合は「ユーザータスク」を選ぶとこちらでもTODO管理ができます。

ユーザータスク

これ以外のラベルを新たに登録したい場合は、「ツール」-「オプション」からラベルの追加、変更、削除を行うことができます。
ラベルによる優先順位付けも可能です。

ラベルの追加

これで、実装忘れも防げる!
ただ、チームで開発する場合などは、別のプロマネ手法でしっかり管理すべきですね。

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

0 Comments

  1. これ、便利ですね。言われて使い始めました。

    • 便利ですよね。visual studioで普段気づかない機能をこれからも見つけていこうかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です