Hideki Hashizume

デッドライン読書会

組織を変える5つの対話を読んだ:人間テスト駆動開発 #drc68

締め切りを決めて積読を消化していくデッドライン読書会。第68回でした。今回の課題図書は「組織を変える5つの対話」でした。以下感想メモです。 感想メモ どんな本? ソフトウェア開発現場における「対話」を丁寧に解説する本。「対話」を改善したい人...
デッドライン読書会

鬼時短ともう1冊読んだ #drc67

デッドライン読書会第67回の課題図書は「鬼時短」でした。タイトルと表紙にインパクトが有り手に取ってみた一冊です。 電通で行われた働き方改革の労働時間削減についてのお話です。組織としてどのように労働時間を削減していくかのストーリであるため、個...
デッドライン読書会

データモデリングでドメインを駆動するの感想(後編)#drc66

デッドライン読書会第66回目の投稿です。第65回に引き続き「データモデリングでドメインを駆動する」を読んでいます。今回は後半部分になります。 今回の範囲はこんな感じ。 (前回)第1部 基幹系システムとデータモデルの現在的意義 (前回)第2部...
デッドライン読書会

データモデリングでドメインを駆動するの感想(前編)#drc65

デッドライン読書会第65回とのテーマ書は「データモデリングでドメインを駆動する」でございます。 今回は前半の第1部と第2部が範囲です。 第1部:基幹系システムとデータモデルの現在的意義 第2部:データモデリングの実践 なお本書の副題は「分散...
デッドライン読書会

「冒険の書」を読んだ #drc64

デッドライン読書会第64回の課題図書は「冒険の書」でした。 2024年のITエンジニア本大賞のビジネス本部門ベスト10に入った1冊です。 選書時は名前に惹かれて手にとって形です、私は。葬送のフリーレン見ていたせいかしら。副題に「AI時代のア...
デッドライン読書会

「ソフトウェアアーキテクチャの基礎」の第3部 #drc63

締切を味方に技術書の読書を進めるデッドライン読書会第63回の課題図書は前々回と前回に続き「ソフトウェアアーキテクチャの基礎」です。 本書は3部構成であるため、最後の塊になります。第3部は「テクニックとソフトスキル」。章としては以下の通り。 ...
デッドライン読書会

「ソフトウェアアーキテクチャの基礎」の第2部(遅延中)#drc62

デッドライン読書会第62回は前回に引き続き「ソフトウェアアーキテクチャの基礎」の第2部です。最近お仕事が忙しめなので1ターン遅れでの投稿です。 第2部アーキテクチャスタイルは下記のページ構成です。 9章 基礎 10章 レイヤードアーキテクチ...
デッドライン読書会

「ソフトウェアアーキテクチャの基礎の第1部#drc61

デッドライン読書会第61回からの課題図書は「ソフトウェアアーキテクチャの基礎」です。 オライリーのぶ厚めの本です。3回に「部」ごとに読んでいきます。今回は第1部の「基礎」です。章立ては次の通り。 1章 イントロダクション 2章 アーキテクチ...
デッドライン読書会

「世界一流エンジニアの思考法」を読みながら自分の働き方を見直している #drc60

デッドライン読書会第60回の投稿です。前回の第59回はだいぶ遅延した投稿だったので、第60回は予定通り巻き戻す努力をしました。デッドライン読書会としては2023年の最後の課題図書です。だんだん年末が近づいてきました。 課題図書 課題図書は、...
デッドライン読書会

「システム設計の面接試験」でキャリア採用面接に思いを馳せた #drc59

第59回のデッドライン読書会の課題図書は「システム設計の面接試験」でした。 本当は19日が締切でしたが、多忙にかまけて1週間2週間遅れての投稿です(先週書いているときに熱が出てきて途中で断念しました)。今回はKindleで読みました。 By...