著者による「正しいものを正しくつくる」の本読み会に参加しました、今日は3回目です。

[amazon asin=”4802511191″ price=1 kw=”正しいものを正しくつくる プロダクトをつくるとはどういうことなのか、あるいはアジャイルのその先について”]

本読み会のイベントはdoorkeeperで企画されてます。

https://devlove.doorkeeper.jp/events/111175

ちょっとだけメモ、感想

参加してのメモです。

  • プロダクトバックログの状態から、プロダクト自体の状態を推測できる。
    • 活発か、死んでいるか、混乱しているか、etc
  • スクラムのタイムボックスを箱で表現するは私は結構好き。
  • スプリントのこと
    • 著者曰くスプリントの中止はたいてい1回はある。
    • スプリントは1つの小さなプロジェクトである。
    • プロジェクトであるということは目的がある。であれば必ずスプリントプランニングでその目的を共有するはず。
  • ゴールデンサークルは動画をもう一度見ようかな。
  • デュアルトラックアジャイルって初めて聞いた。
https://note.com/chankawa919/n/n093b48118b1c

 今日は2章で終わりでした。次回は3章。著者曰く一番力がこもる部分らしいです。