キーボードを買い替えて、2カ月ほどたったので感想文です。

 もともとマイクロソフトのSurface Ergonomic Keyboardを利用していたけど、2年ほど使いキーボード自体が歪み軋んできたため交換先を探していた。いろいろ悩んだけど、いっそのこと最高峰のキーボードに変えてみようということで、REALFORCEがターゲットに。REALFORCEは静音有無、APC有無、英語/日本語、サイズなど、機能がリッチになると値段も高くなる。最初はテンキーレスで一番機能がついているものにしようと思っていたが、結局、「REALFORCE / R2-JP4-BK」というキーボードにした。(価格にびびったってことですが…)

https://www.realforce.co.jp/products/R2-JP4-BK/

 機能の解説は本家のサイトにたくさんあるため、私がお気に入りのポイントをあげる。

  • キータッチの感触が素晴らしい。吸い込まれる感じ。静音の機種ではないが音は気にならない。
  • フルキーボードはやっぱり便利。テンキーをけっこう使う。
  • キーの刻印がベージュ色で見やすくて良い(墨色は見づらそう)
  • 余計なひらがな刻印が無くて、すっきり。

 エルゴノミックキーボードは肩こりの対策に良いと思い、ずっとエルゴノミック系ばかりを使っていた。キーボードを好感してみると、実はそんなこともなく、キーボードが良ければ肩こりってあまり起きないものだなぁと実感してる。

 ちなみに、パームレストはFILCOの木製のパームレストを利用している。これもすばらしい。木だし、なんだか癒し効果があるような気がする。

https://amzn.to/3mVeHEJ

 キーボードはエンジニアの鞍ですからね、大事に使おう。

  アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタフェースだからだ。

  いまやパソコンは消耗品であり、キーボードは大切な、生涯使えるインタフェースであることを忘れてはいけない。

[東京大学 和田英一 名誉教授の談話] https://www.pfu.fujitsu.com/hhkeyboard/dr_wada.html